2018年02月23日

事務交流集会の様子です

先日行われた、事務交流集会の様子をちらっと紹介します。
DSC_7014.JPG
この集会、三重民医連内の事務職員が集まり交流しようという会です。
けっこうな人数が集まりました。

そして、自分もちょっと時間が空いたので覗いたのですが、なぜかみんなに紛れて前で自己紹介もしました。
「え、なんで!?」とびっくりしていた人もいたように思います。

さて、今回は福井民医連から、光陽生協病院の事務長さんに来ていただき講演していただきました。
光陽生協病院の事務職員の平均年齢はずいぶん若く、たしかこの事務長さんも30代だったとおもいます。
この日の前後で大変だった雪かきの話から始まり、当院でも取り組んでいる無料低額診療の話などしていただきました。
同じ取り組みのはずですが、ずいぶん活発に取り組んでいるようで参考にしなければ!と感じました。

この後は小グループに分かれてディスカッションが行われたようなのですが、自分は時間切れで途中退室となりました。
活発な討論ができたようですよ。

さて、その後の飲み会の様子です。
DSC_7015.JPG
これまたたくさんの人が集まりました。
ここでもざっくばらんに話が盛り上がり、明日からのエネルギーになったようですね。

は〜もっと喋りたかった!
posted by 広報委員 at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「昭和の大スター」来たる!?

先日のふるさと新聞にこんな記事がありました。
20180220_201312.jpg
元看板職人の方が「高齢者を元気づけたい」ということで再び絵を描き始めたとのこと。
美空ひばりさんを描いているそうですが、なんと、デイサービスえがおで展示しているとのこと!
早速行ってみました。
DSC_7073#1.JPG
こんな感じでけっこう大きな絵で迫力があります。
下には作品の紹介文もありました。
3月末までとのことですが、週によって作品が入れ替わるそうですよ。
よろしかったらデイサービスえがおにいらしてくださいね。
posted by 広報委員 at 19:54| Comment(0) | えがお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

さようなら原発のイベントです

津生協病院の玄関近くにあったチラシからイベントの紹介です。
DSC_7030.JPG
2018/03/11に行われる"3.11 NO NUKES MARKET & PARADE IN津"です。
原発をなくそうというイベントですね。
この日はマーケット(食べ物、小物など)があったり、音楽のライブもあるようですよ。
場所は津球場公園、時間は11:00~15:30となっています。
皆さん、ぜひどうぞ!

津生協病院が加盟している三重民主医療機関連合も協賛しています。
posted by 広報委員 at 23:08| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

締め切り迫る!みんみんイラストコンテスト開催中!!

DSC_7029.JPG
みんなのえがお 2月号の記事からです。

色々な楽しい、役に立つ記事が満載ですが、今回ご紹介するのはこれ!
DSC_7028.JPG
現在、みんみんイラストコンテストを開催中です。
通算650号を記念した企画です。
イラストのお題は、春の季節にぴったりなみんみん となっています。
郵送、メールで絶賛受付中です!!

応募の締め切りは2月20日です!
posted by 広報委員 at 08:13| Comment(0) | くみかつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

多職種学習会の様子です

2月8日に行われた多職種学習会の様子です。
今回も2題の発表がありました。
まず1つめ
DSC_7008.JPG
当院のNST活動に関してです。
「NST」ってご存じですか?日本語にすると「栄養サポートチーム」となります。
何らかの病気になって入院になった方は体がしんどくて食欲が落ちる、というのはなんとなく想像ができると思います。
またそれ以上に、その病気とたたかうために体力を消費しています。
つまり、普段に比べて、よりたくさんのエネルギーが必要な状態になっています。
食欲がないのに栄養を入れる必要がある、もしくは食べることとができない(食べることが悪化のリスクになる)のにエネルギーが必要・・・
こういったときにこのNSTが活躍します。

当院では2003年に結成されたNSTですが、2010年からは栄養サポートチーム加算が新設されました。入院患者さんに対して適切に評価/介入するということを厚生労働省が認めました、ということになります。
そこで言われている施設基準には栄養管理に係る所定の研修を受けた常勤医師/常勤看護師/常勤薬剤師/常勤管理栄養士が構成に必要となっていますが、当院にはそれ以外にも理学療法士/作業療法士/言語聴覚士と臨床検査技師もメンバーとなっています。
普段は週1回の回診でその患者さんの栄養状態や病気について評価し、改善していくという活動、その時々でNSTによる学習企画が行われていることが紹介されました。
また、学会等での発表をしていることも報告がありました。

それと、食べることはかなり厳しいと思われた人が、口から食べることにチャレンジし、結果食べることができたという症例報告もありました。

普段自分が関わっている褥瘡をもつ患者さんを見ていても、しっかり栄養が付くと自然と褥瘡も治っていくなぁ、という印象を持っています。

そして2つめ
DSC_7009.JPG
もうすぐ初期研修を終える奥村先生からこの2年を振り返って、という内容で発表がありました。
その中で生協病院ならではの研修ができたことが嬉しく、とても気に入ったというまとめが光っていましたよ。
大病院ならチェックが入らないような、細かいチェックが中小病院では入ること、そういったことを通してよりよい研修にさらに進化させていっていることが評価されたな、と思いました。
普段の研修の振り返りは医師医学生のブログにもありますのでどうぞ見てみてくださいね。
posted by 広報委員 at 16:20| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする