2018年10月16日

J-HPHカンファレンスに参加してきました

DSC_0054.JPG
先週の土日は東京ビッグサイト近くのTFTビルで行われた、第3回J-HPHカンファレンスに参加してきました。
DSC_0046.JPG
基調講演ではカナダのトロント大学から家庭医であるアンドリュー・ピント先生からお話しを頂きました。
DSC_0053.JPG
(これは懇親会での様子です)

カナダの健康の社会的決定要因の改善についてのお話しでした。
今年はWHOからアルマアタ宣言というのが出されて40年の節目の年です。
当時冷戦時代にあった中で、膨大な軍事費から人々の健康のための活動に資源を再分配しようという話でした。
あと、健康は基本的人権なんですよ、と初めて言われたのもこの時だそうです。

そのほか色々な講演があり、国際HPHカンファレンスの様子をレポートして頂いたものもありましたが、それに引き続きグループワークもあったりして緊張しました!

ポスターセッションでは、病院のリハビリ室を開放して、職員の健康増進に役立てる話や、学生時代からSDH(健康の社会的決定要因)について知ることの意義の報告や、健康増進のために公園を利用しよう!とか、まぁ色々楽しそうな発表が多かったです。

終わってから当院から一緒に参加した吉川先生とご飯を食べながらカンファレンスの振り返りなんかをしました。
DSC_0061#1.JPG
当院でも近々HPHに参加しないといけませんね!
DSC_0052.JPG
(再び、懇親会での様子です)
posted by 広報委員 at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

わくわくファミリーフェスタのご案内です

2018年10月28日の日曜日に「わくわくファミリーフェスタ」が津生協病院附属診療所で行われます。
DSC_0023_4のコピー.jpg
元々の発想は、平日に健診・検診を受けることが難しい方に、日曜日なら受けてもらえるかな?というところから来ているのですが、さすが生協!せっかくなら多くの方に楽しんでもらおう!と、話は膨らみました。

添付の画像では分かりづらいですが、メニューは以下の通りです↓

・検診のメニューについては
乳がん検診(エコー、マンモグラフィー)
胃がんに対するABC検査(採血で行います)
肺機能検査
その他血液検査

・親子で楽しもう
握力測定、片脚立位測定、長坐体前屈測定
親子で楽しめる脳トレ
体組成計での測定

・お子さんたちに、診療体験
実際の患者さんの流れに沿った形で保護者の方に患者さん、お子さんに医療者の役をしてもらい体験してもらいます。

当日楽しんでもらえる様に、スタッフ一同あれこれアイデアを出し合っています。
お楽しみに〜!!
posted by 広報委員 at 15:10| Comment(0) | 企画紹介・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

インタビュー記事が掲載されました

コープみえの広報誌 ひだまり 10月号にインタビュー記事が掲載されました!
DSC_0038.JPG
DSC_0037.JPG
10月はピンクリボン月間ということもあり、乳がん、特に検診についてお話ししました。
顔写真つきですよ〜

職員の方、なにか雑誌などに掲載されたものをお知らせしたいときには声をかけてくださいね〜
posted by 広報委員 at 12:40| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

お知らせです(夜間診の診療体制について)

この9月から夜間診の体制が変わりました。

科によらずできるだけ統一しようとのことで・・・

内科
月曜日→火曜日

小児科
月曜日→×

外科
火曜日17時〜→火曜日16時〜

また、金曜日に関しては外科、整形外科が17時からだったのが16時からとなります。

水曜日に関しては変更ありません。

また、午後診が新設されたところもあります。

変更に関しての詳細はこちらから確認してください。

担当医師などを含めた一覧に関しては、機関紙などを参照してください。
posted by 広報委員 at 16:37| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

緩和ケアフォローアップ研修会に参加しました

今日は三重大で行われた緩和ケアフォローアップ研修会に参加しました。
これは以前にアップした「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」の続きみたいなものです。
が、今回は医師に限らず他の職種で緩和ケアに興味がある人も参加していました。三重大では3年目と言っていました。
こちらこちらをご覧ください。
DSC_0001.JPG
さて、いきなりお弁当の写真ですね(汗)

講義としてはまた色々な分野にわたりました。
今回特に興味があったのは倦怠感についてとACPについてです。

倦怠感に関しては、本来、先に紹介した研修会で扱われるべき内容ではあるものの、なかなか対処が難しいため「初級編」というよりは「中級編」の扱いとのことでした。
津のあたりで言うと「ずつない」という表現でしょうか、身の置き所がないだるさというような訴えに対しどう対処するか、日々悩んでいます。
まずは対処可能なものかどうかの評価をします。
例えば、貧血によるもの、脱水によるもの、便秘によるもの、電解質異常によるもの、感染症によるもの、あとは薬の副作用の可能性について、そういった原因が何かないかを探ります。
これはとても重要で、こういったものに関しては対処法があるからです。

でも、実際はそういった原因がないこともたくさんあります。そして「だるさ」そのものに良く効く薬もありません。

・・・こういった状況でどういった対処ができるのかを講演頂きました。

次はACPです。
最近出てきた言葉、でも以前こちらでもちょっと紹介したことのあるACPですが、近頃は国もこういった取り組みを進めていくべき、と指針を出しています。
さて、ACPとは何なのか。advance care planningの略なのですが、これはより早い段階で最期をどうやって迎えたいか、ということを患者さん本人、医療者と、家族を交えて話し合いましょう、そしてそのプロセスを大事にしましょうということです。
いわゆる遺言状の様に書面で残すことが目的ではなく、みんなで話し合ってみんなで納得できる様に話し合っていくことがとても大切です。
しかし、これを話し合うときにあまりに早すぎては意味をなさない(←その時のことを自分で想像できない)、反面遅すぎると(意識障害などで)自分の意志を伝えることができなくなります。
どういうタイミングで話しあうのが良いのか、という講演を頂きました。

午後からは班に分かれてグループディスカッションがありました。
一つは終末期における鎮静に関しての話し合い。
これは、緩和医療のなかで多様な症状に対してはそれぞれ良く効く薬も多いのですが、最終局面になると意識を落とすことによってその苦痛を感じないようにするしか手がなくなってしまいます。
でも家族は「苦痛は取り除いて欲しい、でも、最期まで会話はしたい」と訴えることがあります。
これってわれわれとしては両立させがたい訴えなんですよね。
そういう場面で一体どうやって話をするのが良いのか、なんていうのをロールプレイしたりディスカッションしたりしました。
もう一つは最期をむかえるにあたっての話です。
これも急速に悪化していく患者さんを目の前にして、家族に話した方が良い内容について、なかなか厳しい状況の中でどんなことができるのか、などを話し合いました。

たった一つの正解があるわけでない分野ですので、それぞれの班でそれぞれの意見が出ましたし、それをその場で発表して共有することでまた深められたなと感じました。

今回、自分はソロで参加しましたが、同じ津生協病院の中から団体での参加もあり、総勢24人の参加者の内1/4が当院からでした。
いい機会になったのではないでしょうか。

また、会が終わってから大学の緩和ケアセンターの先生から当院との連携を深めたく、カンファレンスなどの場を設けたいということもおっしゃって頂きました。
そういった臭覚もあった一日でした。
DSC_0002.JPG
posted by 広報委員 at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする