2019年03月14日

3月の全職種学習会の報告です

今日の全職種学習会での3つの演題を報告します。
DSC_8938.JPG
まずは組合員活動部の大田さんから、生協のたまり場である「陽だまり」で行われている子どもほっとはうすについてです。
地域の子どもたちに「学校の宿題を一緒にする」なんて形で来てもらって、色々話をしたり遊んだりも含めて子どもたちの居場所にしてもらいたいという願いから行っています。
学校や家庭とは違った形で楽しんでもらえたらな〜と思います。

2題目は当院で初期研修中、やがて卒業する西井先生から、リハビリテーションの話がありました。
今度4月から専門研修としてリハビリテーション医としての道を歩み始める先生です。
リハビリテーション医療についての解説として、病気を治すことがゴールではなく、退院してからの生活を整えるために何ができるか、というのを考えるのがリハビリテーションです。
もともと「リ」=もう一度、「ハビリテーション」=できるようになる、ということで生活に戻るための手法ということになります。
新しい道へ向かう先生を応援したいですね〜。

最期は田中啓太先生から「早期からアドバンス・ケア・プランニングを重ねていたために在宅看取りが円滑に実現した症例」という題で、以前学会で発表されたものを我々にも講演してもらいました。
だんだん老衰になっていく中で、患者さん本人とその息子さんと一緒に、どうやって生活していきたいか、最期はどうやって迎えることが希望か、ということを元気な内から話し合いを重ねていくことが大切だよねという話でした。
国からもACPの愛称を「人生会議」 として意識していって欲しいというものです。みなさんも一緒に考えていきませんか?
posted by 広報委員 at 17:16| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: