2018年04月09日

患者さんのお宅訪問

DSC_7484.JPG
少し前の晴れていた日、病院のスタッフMさんを誘ってとある患者さんの自宅へ訪問にでかけました。
その方は以前、津生協病院に入院していまして、症状が落ち着いたため退院し、今でも外来通院は続いています。

入院中はMさんもリハビリで関わっていましたが、退院してからはタイミングが合わなくて会えず、どうしているのか気になっていたそうです。

いざ突撃!
しかし、玄関のチャイムを押しても反応なし・・・
しかたなく、冒頭のケーキを食べながら少し時間をつぶします。

気を取り直してもう一度!今度はご主人がでてくれました。
玄関先では、さすがにびっくりされました。そして患者さん本人も!
それでも快くリビングに通してもらいました。ありがとうございます。

とりとめのない話に終始しましたが、とても元気な様子が伺われ、ご主人ともお互いを思いやりつつ暮らしていることが分かり嬉しかったです。
また、自分も知らなかった秘密も思わず知ってしまいました!?

最後、記念撮影もしていただけました。
DSC_7505.JPG
患者さんは病院では「患者さん」でも、おうちではそれとは違った生き生きとした生活をしているのですね。
生活の場を見ることの大切さを垣間見れたいい一日でした。
posted by 広報委員 at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: