2017年11月06日

ウチの研修医が発表するというウワサの臨床研修交流会に参加してきました

2017/10/27~28に大阪で開催された臨床研修交流会に参加しました。
DSC_6352.JPG
私は午前の診療を終えてから駆けつけたのでやや遅れての参加です。
DSC_6330.JPG
まずは全体会での講演がありました。

そして、それが終わってから分散会という形で当院初期研修医N先生のポスターセッションに向かいました。
DSC_6331.JPG
お〜ちゃんと貼ってありました。
各部屋で10個ほどの発表がありました。
DSC_6332.JPG
発表の様子はこんな感じです。
一番笑いを取っていたのではないでしょうか!?

内容は、当院のような小規模研修病院のメリットとしてあげられる、患者さんを中心に科をわたって担当し続けるというのが研修にどう影響するのかというのをm-GTAという手法を用いて分析した、というものでした。
先生の研修では、内科で担当した患者さんが手術をするのがよいと判断され外科へ転科されました。
しかし担当はそのままで患者さんとの関わりを継続しました。
それがよかったかどうか、という話です。

とはいっても、この手法によって仮説を立てたので、今後それを評価していく必要がある、未来へつなげていこうという話でした。

次の研修医はこの研究を引き継ぐのでしょうかね?

DSC_6333.JPG
夜には交流会があり・・・

次の日にはいくつかの講演がある中でコミュニケーションの取り方についてを勉強しました。
DSC_6340.JPG
まず自分のタイプを知り、「心地よくない」コミュニケーションを落ち着けるには、相手から投げかけられた言葉、態度からどういった受け止めをするとよいのか?という話でした。
本来奥が深い内容を簡潔にまとめていただき、分かりやすい講演でした。
その後、訪問診療〜色々な相談〜災害支援を頑張っておられるという医師の全体講演も聴きました。

さ、これが終わったらまた別の会議へハシゴでした。
それについてはまた機会があれば・・・。
posted by 広報委員 at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: