2017年09月30日

先日いただいた嬉しいお手紙(腹部エコー検査について)

先日、検査科に嬉しいお手紙が届きました。
てがみ1.jpgてがみ2.jpgてがみ3.jpg
腹部エコー検査を受けてよかった!という話です。

この方、胃カメラは長年毎年受けているそうなのですが、検査中一緒に胃の中をみて、終わったらすぐにその結果を聞けて「なじみのある検査」だったそうです。
反面、腹部エコーは「なんとなく内臓を見ている」とは分かるものの、どんな病気がどれくらいの正確さで分かるのかということについてはあまり考えたことがなかったそうです。
検査中の映像を見ても、胃カメラの様にはっきりカラーで見えるものではないので頼りない、そんな感じ、分かります。

しかし、そんな認識を一変させる出来事が去年あったとのこと。

検診での腹部エコー検査の結果を主治医から伝えられたのですが、その結果とは「膀胱にちょっとしたできものができている」とのことでした。
その後、主治医から泌尿器科への紹介状をもらい受診、結果ごく早期の膀胱癌との診断だったのです!
そして、(おそらく膀胱鏡での手術だったのでしょうか)手術をした2日後には退院という思いも寄らないスピード退院だったとのことです。
(よかったですね)

お手紙の最後には、
医療の進歩が著しい今日ですが、そのような中において定期的な検査の積み重ねが癌などの早期発見に結びつくことを知ることがいかに大切であるかを学ぶことができました。

とありました。

そうですね、エコー検査は施行している者としても研修の頃は「何が見えているのか全く分からない!」という画像でした。
でも、おなかの中を広く見られるという意味ではなかなか優秀な検査です。
例えば肝腫瘍、膵腫瘍、腎腫瘍、膀胱腫瘍、胆石、尿路結石、虫垂炎、大動脈瘤、そして、進行したものなら胃癌、大腸癌も分かることがあります。
検査担当者はこれらをくまなく、素早く見ているわけですが皆さんからすれば「何が見えているんだろう??」というもの無理ありませんね。
また機会を見てどんな病気が発見できるのか、お伝えできたらなと思います。

皆さんも一度腹部エコー検査を受けてみてはいかがですか?
posted by 広報委員 at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: