2016年10月26日

保健大学での高血圧の話について

10月20日(木)に行われた保健大学の様子をお伝えします。
DSC_3975.JPG
今年度の第4回となった今回、血圧のお話しを、ということで2つの講演がありました。
一つ目は、当院1年目研修医の竹中医師から「高血圧と脳卒中」です。
脳卒中って聞いたことありますか?急に手や足、特にどちらか半身が動かなくなったり、頭痛がおきたり、意識がなくなったり、という症状で始まるものです。
講演では、統計上、うえの血圧が109〜119を至適とし、それよりも血圧が上がるほどに脳卒中で亡くなる危険度が高まるという紹介から始まりました。
そして、一般的に脳卒中と言われるものの中には3種類の病気が含まれるということ、それぞれの特徴について話がありました。
また先生の経験した患者さんの様子も紹介されました。

と、血圧のコントロールが大事!と分かったところで、演者を交代し当院の栄養士から「高血圧と食事」という題で講演が始まりました。
DSC_3974.JPG
血圧をあげる要因として・食塩のとりすぎ・肥満・精神的ストレス・喫煙 等があげられますが、今回は食事がメインなので食塩について主に勉強しました。
なぜ、食塩のとりすぎが血圧をあげてしまうのかという仕組みの解説があり、日本人は全体的に食塩を多くとる、ただし年々減ってきてはいる、食事療法のポイントなどについて話がありました。

ちなみに、カップ麺を一つ、汁まで全部飲むと5〜6グラムの塩分となり一日の塩分摂取目標(男性8グラム女性7グラム)のほとんどを摂ってしまうことになってしまいます!

「減塩が大切なのは分かるけど、味のない食事はイヤ!」なんて声も聞こえてきそうです。
減塩のための工夫として10のポイントも紹介されました。これならできそう!と思えるものばかりでした。
ドレッシングでも工夫ができますよ〜レシピを紹介!
どれっしんぐ.jpg
いかがでしたか?美味しく食べ、健康で長生きするためのヒントをたくさんもらえたと思います。
会場からはたくさんの質問が出て、興味の大きさを伺うこともできました。
今回は保健大学での授業としてでしたが、班会などでもお話しさせていただきます。
(余談ですが、某大学?の公開講座に偵察にいった人の話によると、ウチのやつはずいぶんレベルが高い!と実感したそうですよ)
「うちの班にも!」という方がみえましたらぜひ連絡下さい。
posted by 広報委員 at 12:53| Comment(0) | くみかつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: