2016年10月05日

今年の学運交は!

恒例の学運交=学術運動交流集会が12月4日に行われます。
学運交2016.jpg
今回の記念講演は大阪の耳原総合病院から、せん妄に関してのお話しをして頂くことになりました。
日々悩んでいる部分でもありこれを活かすことができれば患者さんにとってもより良い療養環境に繋がるだろうと期待しています。

さて、学運交に関して先日某研修医と話をしました。
どうやら演題を出してみたいのだけれど、この場にそぐわないものだったらどうしよう?と悩んでいるようです。

我々医療者は患者さんに対し適切な治療法を提供することによってその疾患を治療します。
あたりまえですよね。
でも、その向こうにはその方に対して医療を通じて幸せになってもらいたいということも目的としてあります。
身体の健康、心の健康、社会的にも健康であって欲しいということです。
それを考えた時に、医療者だけではなく世の中のありとあらゆる職種が関わることができます。
連携も必要でしょう。
しかし、その連携しあわないといけないメンバーがお互いをよく知っているのか?と問われれば多分、まだ不足しています。

その先生はそれを考え、交流をはかろうととある企画を立て、実行したそうです。

おおぅ、今さかんに言われている地域包括ケアの先を行く話じゃあないですか!

自分自身はとても興味をひかれました。ぜひ皆さんで検討したいと思いましたよ。出してくれないかな〜と密かに期待しています。
キーワードは「フランス革命」と「ドラクエ」だそうです。

あ〜自分も何か演題を出すことにしようかな〜。
posted by 広報委員 at 16:53| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: