2017年07月29日

えがお新聞 8月号が届きました

えがお新聞 2017年8月号です

7月の行事
暑さも吹き飛ぶ楽しい行事が盛りだくさん!

ということで・・・

梅雨も明け、いよいよ夏も本番です!
皆様の体調にも留意しながら、7月もえがおでは元気いっぱい楽しい行事に取り組みました。
まずはなんといっても『夏まつり』! 
新聞2017082-8.jpg
その日のおやつは、えがお特製のたこ焼きと水ようかんです。
フロアから香ばしいいい香りが…。「夏まつりと言えば、たこ焼きよね」との会話も聞こえ、昔懐かしい、おいしい味に満足です。

恒例の《夏まつり○○ゲーム》は、屋台をめぐった気分になれる出し物でした。
新聞2017082-12.jpg
そして最後は盆踊り!
新聞2017082-3.jpg
職員も久々に浴衣姿で登場!

7月のお誕生会
新聞2017082-16.jpg
新聞2017082-17.jpg
おめでとうございます!

えがお日誌
新聞2017082-20.jpg
普段は、足腰を心配して座っておられる方も、笑顔で輪になって踊って頂きました。
今年は、民謡の先生をされていた利用者様が、《炭鉱節》をご披露して下さったのが、とても印象的でした。
皆様の本来もっておられる、素敵で意外な一面を知ることも、レクリエーションの効果であり、それが実現できた2日間であったように思います。

7月のテーマ『学ぶこと』では、消防署の方にお越し頂き、救急法を皆で学習しました。
新聞2017082-4.jpg
職員の実践も交えて学習しました。和やかな雰囲気中にも、利用者の皆様も真剣に身を乗り出して、聞いておられました。「もしも」の備えが大切ですね。
また、6月に学習した《食の大切さ》についても、引き続き利用者様自身にも1日の食事、バランスを振り返っていただくレクをしています。
新聞2017082-7.jpg
《学びたい・知りたい》は、人間らしくあることの基本の一つだと思います。
新聞2017082-9.jpg
これからも様々なレクを通じ、《学ぶ・楽しむ・共感する》に取り組んでいきたいです。


新聞2017082-10.jpg
これは笹流しの様子です。利用者様たちの願いもたくさん詰まっています。
新聞2017082-11.jpg
お子さんとのふれ合いもありましたよ。

(ライター・M)


posted by 広報委員 at 19:45| Comment(0) | えがお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

みんみんちゃんカップ@平和まつり

今日は待ちに待った 平和まつり です!
2017平和祭り.jpg
今年も盛りだくさんですよ〜
お店はベビーカステラ、から揚げ、お菓子、コロッケ、プリン、フランクフルトなどの食べ物、そして手作り品バザーなどがあります。
また、盆踊り、平和写真展も企画されていますよ。

また、この平和まつりは、原水禁世界大会参加者の壮行会でもあります。
激励、カンパをお願いしますね〜!

さて、去年はアイデアが浮かばず出店しませんでしたが、今回はカップを作ってみました。

材料
ひやっきんかどこかでお気に入りの白いカップを購入
オーブンで使用できるものを選びましょう!耐熱って事ですね
書くためのペン!
DSC_5763.JPG
写真を参考に探してみてください。

あとは家庭用のオーブンです

作り方
@カップを洗い、よく乾かします。

Aペンで好きなイラストを描きます。今回はまず黒ペンで描きました。
DSC_5746.JPG
 失敗したときはティッシュでこすれば取れます。んで描き直します。

Bオーブンで焼きます。
DSC_5748.JPG
 余熱あり230度で20分
DSC_5749.JPG

C冷まします。
DSC_5750.JPG
あ、この時こんなグッズがあると便利〜

Dそして次は色を塗ります。
DSC_5751.JPG
 一度にしてもいいのですが、線に色が被ると滲んだりしてしまうので2回に分けました。

E焼きます。
DSC_5749.JPG

F冷まして完成〜!
DSC_5752.JPG
DSC_5764.JPG
今回の準備は限定20個!お待ちしてます。

さて、購入してもらったひとにいくつか注意点があります。

@カップはもともとオーブン対応ではありますが、これ以上焼くと絵柄が痛みます。
A食洗機は避けてください。
B強くこすらないでください。
C直接口に当てないでください(なめないでください)。

ダメダメばかりで申し訳ありません。でも上記を守ってもらうと長持ちすると思います。
よろしくお願いします。

↓アンケートのご協力も、よろしくお願いします!↓
posted by 広報委員 at 11:21| Comment(4) | みんみんちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

リニューアル前の「全職種症例検討会」

今日は西井研修医からと、褥瘡委員会からの発表がありました。

まず褥瘡委員会から。
DSC_5720.JPG
褥瘡の処置として、陰圧閉鎖療法(NPWT)というのをここ数年積極的に取り入れています。
これは器械などやや大がかりにはなるのですが、タイミングよく使用することによって大きな褥瘡でも効率的に縮小効果が得られるというものです。
基礎的な内容の紹介に加え、当院に入院になった90歳の患者さんに使用し、非常にいい効果が得られたという症例発表でした。
参加者で写真を供覧し、驚きの声が上がりましたよ!
ただ、この方法は原則3週間しか使えないため、一番効果が上がる時期を見計らって使う必要があります。
まだまだ症例数は少ないですが、これからも積極的に使っていきたいと思います、

続いて西井研修医からです。
DSC_5721.JPG
今回のテーマは肺炎球菌による肺炎についてです。
肺炎球菌、みなさんも聞いたことがあるかもしれません。季節になると「ワクチンを打ちましょう」とコマーシャルされていますよね。
肺炎の原因菌として比較的ポピュラーな、しかし油断すると怖いこともあります!という内容です。
先生が経験した症例は比較的順調に治癒して、それはとてもよかったのですが、気にとめておかないといけないことがあります。
それは、侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)という病態で、高齢者、アルコール性肝硬変、免疫不全者、脾摘後などの方が一旦罹ってしまうと急速に状態が悪くなってしまうことがある、とのことです。
特に脾摘後重症感染症という名前も付いている、脾臓を摘出した後に起こるものを紹介してくれました。
脾臓は人体最大のリンパ組織であり、血液濾過機能、免疫グロブリン産生能、細菌を効率よく除去するといった働きがあるのですが、それが無いとなると肺炎球菌をうまく排出できないよ、だから気をつけましょうね、とのこと。
それから、やっぱり予防のためにワクチンを打つというのが大事でしょうとも教えてもらいました。
ちょうど先日、テレビでも話題になったそうで、タイムリーだった!と言ってもらっていました。

次回、8月はお休みとし、9月からはすこ〜し装いを変えての再出発とのこともアナウンスされました。
posted by 広報委員 at 19:58| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする