2016年12月20日

今年ももうすぐ終わり、忘年会がありました。

12月17日の土曜日に忘年会がありました。
DSC_4297.JPG
この忘年会は当病院含め、津地区の診療所などたくさんの事業所から人が集まるので、そこそこ大きい会になります。
場所はいつものプラザ洞津でした。

基本的には食べて、飲んで、騒いで、喋ってというものであまり書くことはないのです。
でも、その場を盛り上げるための「出し物」があり、子供たちも盛り上がります。
もう、みんな知っているので始まる頃にはステージの下でちゃんと座って待っています。

今年の出し物は・・・オカリナ演奏、ダンス、歌謡ショーといったものでした。
知っている顔の人たちがコスプレ?変装??してステージに出てくるので、それはもう爆笑の渦です!

それからくじ引きもあるのですが、景品は20個!そして今年の1等賞は・・・なんと!松阪牛のセット!!
なかなか豪勢でした。

・・・当たりませんでしたけどね。

一次会が終われば、二次会はこぢんまりと気の合う人たちで集まってそれぞれ行きます。
自分たちも行きました。数人でしたが、いい話ができました。
来年もがんばろ〜!
(ちょっと早いですが)今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 広報委員 at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

年度末に向けての検診のご案内です。

がん検診 (カラー).jpg
津市のがん検診は来年3月末で終了となります。当健診センターでも今まで好評でなかなか予約を取ることができませんでしたが、若干余裕が出てきましたのでご案内します。

今回は、「検診が大切なのは分かっていても、ちょっとなぁ〜」と感じている方へ、その「ちょっとなぁ〜」を解消できる方法にならないかと、考えてみました。

その1!
もしかして、健診センターへ来る手段がない方、みえませんか?
毎週木曜には2名以上であれば、どこへでも無料で送迎いたします!
検診で疲れてバスや自分の車の運転で帰る自信がない方、いかがですか?

その2!
お子さんの託児を行います!
お仕事されている方も日中は忙しいでしょう。でも、それ以上に日頃子育てをがんばっているお母さん方はなかなか手が空かないもの。
当生協のあひる保育所でお母さんの検診の時間の間、大切なお子さんを責任を持って引き受けます!

その3!
基本検診は11月で終了をしています。
が、今回、脂質、血糖値、肝機能といった、生活習慣病に関連する項目について、500円で採血もできます。
基本検診はもう受けたという方も、その時にちょっとひっかかって食生活を見直したという風であればこの機会を利用して確認してみませんか?
(がん検診を受ける方へのみの案内となっています)

いかがです?ずいぶん受けるための敷居が低くなったのではないでしょうか?
ご予約は健診センターまで、お待ちしています。
posted by 広報委員 at 01:35| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

木曜日の褥瘡の学習会は、外部講師をお願いしました。

11月8日の午後からの時間を使って、褥瘡に関する学習会を行いました。
自分も他のイベントの合間で顔を出すことができました。
DSC_4259.JPG
健康な皆さんは褥瘡といってもピンとこないかもしれません。
例えば、いわゆる寝たきりになってしまうと、身体の同じ部分に体重がかかり、血行が悪くなってそこにキズができます。
床ずれ、といった方が分かりやすいかもしれません。

いろいろな要因が絡むので、予防したり治したりするのにも時間がかかります。
一つの手として、寝る時に使うマットを工夫するということがあげられます。

今回はモルテンというメーカーの方に来て頂きました。
球技に使うボールのメーカーですね。

静的な体圧分散式マットレス、これは家庭でも使うようなもののうち、特に一か所に体重がかからないようにするためのものです。まずこれである程度の予防をします。
それから、エアマットレスという、電気を使って空気を送り込む機能がついているものの紹介もありました。
当院でもハイリスクの方には使用していますが、やっぱり新しいものは色々多機能ですね!
体重設定はしなくても、空気の出入りによって自動的に調整されます。それ以外に病的骨突出があればそれを設定することでより負担がかかりにくくなります。
・・・なんて、だんだんそのメーカーの宣伝になってきてしまうので止めましょう。

おそらく、他のメーカーも色々な工夫がされていっていると思います。
器械の力を使うのもなんだかなぁ〜と思われる方もいるかもしれませんが、器械に頼りきることをせず、もっと人と人との関わりに時間を割けるようにできたら良いケアに繋がるのではないでしょうか。
posted by 広報委員 at 19:13| Comment(0) | 学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする