2016年11月12日

11月20日は 第5回 えがお・で・サロン の日ですよ!

第5回「えがお・で・サロン」のご案内です。
えがおでさろん11/20分.jpg
恒例となってきました、「えがお・で・サロン」ですが、もう5回目です!
これまでも皆さんの興味をひくような内容でしたが、今回はなんと!

「認知症サポーター養成講座」

を開催いたします!
・・・ぱっと見はとても難しそう!と思われるのではないでしょうか?
まずは認知症サポーターキャラバンのサイトを見てみて下さい。
今年9月30日時点で認知症サポーターの人数は、何と!8048676人だそうです!!
「で、認知症サポーターって??」と思われるでしょう。

近頃増えつつある認知症ですが、近くにその方がみえた時、どうやって対応していますか?
何回も同じことを言われて話しているこっちがイライラしたり、困った「いたずら」(本人は全くその気はないのですが)をされて怒ってしまったりと、対応に困ってしまうことがあるかと思います。

そんなときに役立つ知識を知れば、正しく対応ができるようになります。

まずは認知症とはどんなものかを理解し、その上でその方やご家族を温かく見守る支援者になることができます。
それが認知症サポーターです!!

これから地域包括ケアシステムが発展していくと地域の力(ご近所さんの力)が大切になってきます。
そんな時にも役立つものだと思います。

あ、といっても、堅苦しいものではなく、サポーターそれぞれができる範囲でできることをするものなので、義務とかそういうものはありません。楽しく学びましょう!

そして、この講師を務めるのは認知症キャラバンメイトです。これは自治体が主催する養成講座をしっかり受講して得られる資格です。
誰かというと・・・えがおでお馴染みの・・・副主任の・・・
おっと!誰がするのかは当日のお楽しみとしておきましょう!
DSC_4128.JPG
このオレンジリングは認知症サポーター、キャラバン・メイトの目印です。

講座ではえがおが得意とする寸劇も織り交ぜてわかりやすく解説いたします。

11月20日(日)、9:30〜11:30(受付9:00〜)です。
皆さんお誘い合わせの上ぜひお越しください。お土産もつくそうですよ。
posted by 広報委員 at 12:52| Comment(4) | えがお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

久しぶりに乗った救急車の感想です

qqcar.jpg
先日久しぶりに救急車に乗りました。
いや〜窓から外が見えない車って弱いんですよね(車酔いしてしまいます)。
もちろん、患者さんを搬送している間は気が張っているので大丈夫なのですが、帰りが・・・

と、そんな感想を伝えたいわけではありません。

皆さんご存じの通り、救急車は患者さんを緊急で搬送する際にはサイレンを鳴らして走っています。
でも、交差点にさしかかっても目の前を車がビュンビュン横切っていきます!
救急車も(特に赤信号の際には)慎重に侵入するのですが、ほんと、たくさんの車が我先にとばかりに走っていきます。

何で??

救急車のために道をあけても、救急車は遅い!
それよりも自分が先に行った方がより安全!?!?
先に救急車を行かせても、結局追いついてしまって却ってうっとおしい??

そんな感じでしょうか?

でも、救急車に乗っていると、その交差点を通過するために仮に1分余分にかかるとすると、それが10回なら10分余分にかかることになります。
交差点の先で渋滞になっていたらそれを除けなくてはなりません。
(この時は皆さん頑張って端に寄ってくれるのでありがたいです)
その時に、先ほど抜けていった車たちも除けなくてはならず、余分に時間がかかります。

結果、救急車が医療機関に到着するのが遅れることになり、その分治療開始に時間がかかることになります。
このことがどれだけその後に影響するのか、皆さんで考えてみて欲しいと思います。

もしお子さんが車に一緒に乗っていたなら、頑張っている救急車のために道を空けて、お子さんと一緒に「かっこいいね〜!」と見送って下さい。
posted by 広報委員 at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする