2019年06月20日

ピザの香りに誘われた先にあったもの(若手職員による民医連の綱領と歴史学習会)

先週の水曜日の話です。
当直に入る前に夕食を取ろうと外に出ました。なんにしようかな〜と考えていると、宅配ピザのスクーターが三重県連事務所前に止まっているのを発見。ピザのにおいに誘われて行ってみると「若手職員による民医連の綱領と歴史学習会」が開かれるところでした。
DSC_9461.JPG
興味があった勉強会でしたがなかなか都合が付かなかったので今回はホントラッキーでした!
早速・・・
DSC_9460.JPG
ピザを食べました。
DSC_9459.JPG
引き続きお勉強!
今回で3回目だそうですが、いつも2ページごとに担当を決め、読み合わせをしながら自分の経験やそれまでに学習したことを共有していくという進め方でした。
若手職員、ではありますが、良い経験をしているようでしたし、みんなで共有できる良い機会だなと思いました。

憲法の関わりで言うと、本来憲法は権力者を縛るためのものです。
為政者の独断で戦争させないように、人権を踏みにじられることがないように、というものです。

でもそんな中で国民の責務が一つ存在します。
それは、こういった自分たちの権利を守るために自分たちも不断の努力をしなくてはならない。

第十二条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
(wikipediaより)

そうか〜自分たちも自分たちのために頑張らないとな!と思いました。
第4回に参加できるのかなぁ〜参加できるようにしていかないとね。
あ、もう若手とは言えなくなってしまいましたが。

最後に、、、今回のこの学習会には民医連新聞の取材が入りました。
実は翌日も記者さんからインタビューを受けたりして、、、自分が主役ではないのですがどんな記事を書いて頂けるのか楽しみです。
posted by 広報委員 at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重中勢緩和ケア研究会 参加報告

6月8日にアスト津のアストホールで行われた「三重中勢緩和ケア研究会」に参加しました。
DSC_9445.JPG
今回のテーマは「幸せに逝くということ -真のQODを考える-」でした。

はじめに2題の講演がありました。
その中で、いわゆる「走馬灯の様に駆け巡る」の解説がありました。
なんでも、脳への酸素供給が減ってくると、以前の記憶が過去へ向かってどんどん逆再生されていくという脳波が観測されるそうです。
へ〜本当にそういう現象ってあるんですね!
それともうひとつ、痛みがコントロールされると幸せな気分になる、というのもあるそうです。
そうですね、普段でも逆に痛みがあると気分も憂鬱になりますもんね。
人生の最終局面で「良い緩和ケア」ができていると、人生の楽しかった経験を感じながら幸せに逝ける、ということなんでしょうね。

さて、後半はシンポジウムがありました。
そこではコメンテーターとして、当院の院長、田中先生も登壇しました!
DSC_9447.JPG
シンポジストは8名の方々。急性期病院の医師や、大学病院のケースワーカー、訪問看護師、地域のケアマネージャー、往診クリニックの医師など、さまざまな専門家がおいででした。
急性期病院での治療の後緩和ケアへの移行となっていく中で、在宅担当側はどんな患者さんでも受け入れたいと考えていても急性期病院の医師から患者さんにそういう選択肢があるということが伝わらないとなかなか繋がらない、という話や、そうは言っても忙しい日常診療の場でそういう話をゆっくりする余裕がないというそれぞれからの立場の話がありました。
その中継ぎをするのがケースワーカーだったりケアマネージャーなのでしょうね。
当院の役割としては、病院としてその引き継ぎができるかな、しかも、既存のラインではなく、もう少し早めからタッチできるのかな、と考えます。
いままでは急性期病院で積極的な治療を続け、そこでの治療をやりきって最期の看取りへという形で移行していました。
そうなると患者さんとしては「もう打つ手がなくなったから見放された」と感じる方がいらっしゃいます。
受け取り方次第ですけどね。
でも、それをもう少し早い「療養」の段階で受け入れることによってその人の受け入れがずいぶん違ってきます。
最期を迎える充分前から関係性を構築できるメリットだと思います。
講演で勉強できた良い機会でもありましたが、自分たちの病院のありかたが地域には必要だな、ということが再確認できた良い機会にもなりました。
posted by 広報委員 at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

5月は例年参加する学会があります。が、今回は特別編!

5月17〜18日で京都で行われたWONCA APRという学会に参加してきました。
前乗りしようと、前日の夜に電車に乗ったのですが・・・
DSC_9222.jpg
近鉄特急が京都に着く頃・・・
DSC_9224.jpg
地下鉄で会場最寄りの国際会駅に着いた時・・・
お客さんがほとんどいなくて、別の世界に連れて行かれるのか??と心配になりました。
夜遅くなってしまったのですが、最終打ち合わせを行い、宿泊するホテルに戻って寝ました。。。

DSC_9293.jpg
さて、翌朝の会場です。今回はいつも参加している日本プライマリ・ケア連合学会学術大会と並列して開催されていたため、何人かの知った顔を見かけることができました。
DSC_9234.jpg
すでにドヤ顔ですが、発表のポスターを貼り終えたところです。
あ、まだ本番はこれからですよ!
DSC_9251.jpg
メインホールで英語に慣れて・・・(って、そんな速効ではありませんよね!?)

午後からのDiscussionの時間が始まりました!
DSC_9254.jpg
早速お隣の発表者の先生から質問を受けています。
DSC_9264.jpg
おぉ!なんだか発表者の周りに人が集まっている様に見えますね!?
DSC_9275.jpg
素敵な女性とも出会えました。
って、この会場でお手伝い&勉強をしているという、三重大出身のお医者さんです。
浴衣を着てはいますが、この時間はまじめに討議しましたよ。

今回の発表は、当院での相談業務についてニュースレターという形で職員間で共有してるのですが、それによってSDH(=健康の社会的決定要因)の観点を持つことを促進していくことに対して有用性があるのかを調査した、というものでした。
興味を持って読んでくれた先生方が何人もいて嬉しかったです。

さて、メインイベントが終了し、ほっとしたところで上の「素敵な女性」に案内され、抹茶と和菓子を頂きました。
DSC_9279.jpg
ほっとする〜!

今回は日本プライマリ・ケア連合学会が発足して10年の節目でもあったため、さまざまな歴史を振り返るコーナーも随所にありました。
例えば・・・
DSC_9281.jpg
これは昔の薬が入っていた瓶です。ラベルは手書きですが、今も存在している薬の名前がありました。
DSC_9282.jpg
これは点滴用の薬液ですね。未使用のままで保管されていたようです。
DSC_9283.jpg
紙のカルテですね。当院でも少し前まではこんなのに近かったです。
DSC_9284.jpg
色んな小物も置いてありました。
DSC_9285.jpg
これは胸部の断層撮影というものです。CTはコンピュータを使用していますが、この時代はピントを合わせる範囲を狭めることによってしこりの内部がどんな風か(例えば空洞になっていないかなど)を見ていたんだと思います。
自分が研修医の頃はこの撮影用の器械はまだ置いてあった様な気がします。
DSC_9296.jpg
「2021年はヤンゴンに来て下さい〜!」と渡されたパンフレットです。
え〜どうしようかなぁ・・・また発表の機会があれば、ですかねぇ。

DSC_9299.jpg
そろそろ帰る時間でしたので、外へ出て会場のパノラマ写真を撮ってみました。

今回は研修医以来の学会発表をさまざまな方の力を借りて行うことができました。
本当にありがとうございます。
今後も有用な情報発信を内外へ向けて行っていかなくちゃな、と思った学会でした。

さてさて、ここからはオマケです。
DSC_9286.jpg
会場でばったり出会った当院の研修医の先生と夕食を一緒にした、っていう写真です。
この1枚でスマホのバッテリーが無くなってしまいました(泣)

DSC_9294.jpg
これは会場にあったレストランでの「伝統的な」カレーライスです。
そんな辛くなく、みんなおいしく食べることができるのではないでしょうか。
DSC_9295.jpg
こうやって上手にカレーライスを食べる方法が知りたい方は連絡下さい(笑)
DSC_9288.jpg
これはホテルの朝食です。最近バイキングが多いですが、ここはしっかりとした朝定食でうれしかった〜。

DSC_9305.jpg
終わってからは伏見稲荷に寄ってきました。
沢山の鳥居が並んでいる名所ですが、荷物が多すぎてここまでとしました・・・
DSC_9306.jpg
まる餅をイートインで。中にはみたらしのたれが入っていました。
DSC_9309.jpg
これは柿の葉寿司。駅弁で買って電車で食べました。

今回は発表もあったので緊張してなかなかご飯が喉を通らないかも。。。と思っていましたが、意外と食べてましたね!

京都へはまたゆっくりと観光でも訪れたいですね。


posted by 広報委員 at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

"能無し犬の高吠えnight"という歓迎会

DSC_9123.jpg
2019/04/20の土曜日に、三重大近くの江戸橋分室、通称「ほのぼのハウス」で医学部新1年生を対象に歓迎会を行いました。
当日は1年生3人を迎え、そのほか上級生、職員も一緒においしい食事を楽しみました。
DSC_9128.jpg
でも、それがメインではありません。
今回で6回目のイベント、毎回テーマは"Take Action"と銘打って先輩方からお話ししてもらいます。
大学生になっていろいろチャレンジしたいことがたくさんあると思います。
でも、何となく二の足を踏んじゃってる人も多いかもしれません。
そういったとき、どうやってそのはじめの一歩を踏み出すか、踏み出したらどんな事が待っているか・・・
ということを先輩たちの経験から話をしてもらいました。

さすがいろいろ経験し結果を出してきた先輩たちでした。でも、そのはじめの一歩は必ずしも大それたものではありません。
ただほんの小さい一歩でも、それが積み重なれば大きなものになります。

そんな話でした。

話を聞いてくれた1年生たちがどんな一歩を踏み出してくれるのか、またいつか「先輩」としてこの場で話してくれることを期待したいと思います。

もう少し詳しい内容はこちらから医師・医学生室のブログで見ることができますよ。
posted by 広報委員 at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新入職員歓迎会

2019/04/18の木曜日、プラザ洞津で新入職員歓迎会が行われました。
といって、若干遅れてしまったのですでに新入職員たちが舞台の上で挨拶をしていました!
写真撮りそびれました・・・
今年も元気な新職さんたちがたくさん入ってくれました。

そして歓迎の意を込めて、忘年会ではおなじみ、3病棟の皆さんでダンスがありました。
DSC_9114.jpg
踊るポンポコリンの替え歌でした。盛り上がりましたね!

そのほか浅田看護師から「浅田家」についての紹介があったり、勤続表彰がありました。

料理は・・・たくさんありました。
DSC_9115.jpgDSC_9116.jpg
皆さんこれからどうぞよろしくお願いします。

DSC_9117.jpg
二次会ではケーキを食べました。おいしかった〜!!
posted by 広報委員 at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする